2012年12月

2012年12月26日

800顎症例のワンデイインプラント

こんにちは、中平です。
いよいよ年の瀬も押し詰まってきました。例年にはない寒波がやってきて、雪に悩まされている地域もあるようですね。雪害にはくれぐれもお気を付け下さい。

さて、今日は今年最後のインプラント手術がありました。下あごのワンデイインプラントでした。2002年から取り組み始めたワンデイインプラント治療が、今年で丸10年、そして今日のオペで800顎症例となりました。顎症例とは、あご全体をインプラント治療した症例数です。たとえば、今日のように下顎全体に4本のインプラントを埋め、そこに12本分(奥歯から奥歯までのすべて)の人工の歯を固定する治療が1顎症例、上下ともお口すべてをインプラント治療した場合は2顎症例、と数えます。10年間で800顎症例ということは、1年間の診療日数が約240日として、10年で2,400日、それを800で割ると3日に1回ずつワンデイインプラント手術をしていた計算になります。もちろん、あご全体ではない、数本のインプラント治療もそれ以外の日に行ってきました。この数本のインプラント治療は30年前から取り組んできましたので、今までのインプラント治療すべてを考えると、なんと多くの経験を積ませていただいたかと、我ながら感慨深いものがあります。

今年は年明けから、テレビや雑誌を通じて、インプラント治療について逆風となる報道が多かったように思います。もちろん、一部には報道のような事故もあり、これについては歯科界全体が真摯に受け止め、人的ミスは二度と起こさないように真剣に取り組まなければいけません。しかし、インプラント治療に30年携わり、多くの患者さんと接してきた臨床家としては、固定式の歯で再びしっかりと噛めるようになるインプラント治療そのものは、非常に素晴らしい治療法であると自信を持って言えます。この素晴らしい治療法がいわれのない不安感のために敬遠されないよう、正しい情報を私たちが発信していかなければいけないと思っています。そしてこれからも、患者さんに信頼していただける安全な治療に努めてまいります。

今年も1年、お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。


インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター
hiroshitgic at 12:03|この記事のURLComments(0)

2012年12月12日

インプラント治療から見た2012年

こんにちは、中平です。
今年もあと20日足らずとなりました。年内に手術を終えて、心置きなく新年を迎えたいという気持ちからでしょうか。今週はインプラントの手術が立て込んでいて、今日も上下のワンデイインプラント手術がありました。

しかし今年1年を振り返ると、NHKでのインプラントに関するネガティブな報道と、景気の低迷もあって、インプラント治療に対して、非常に冷たい向かい風の1年だったように思います。

もちろんこれには、私たち医療サイドにも反省すべき点があると思います。しかし、インプラントを使って人工歯を固定する、というこの治療法は、現在の人類にとって素晴らしい治療法です。残っている歯に負担をかけず、自分の歯のように違和感なく噛むことができるようになるという、歯を失った後の治療法としては機能的・審美的、そして継続的に最も効果が高い治療法です。それなのに、外科処置が必要だというデメリット以上に、「もし失敗したら・・・」という仮定のリスク面ばかりが強調され、怖いとか不安といったイメージが先行しているように感じます。

インプラントの手術は緊急手術ではありませんから、事前に十分な準備ができます。患者さんのあごの骨の状態を知ることはもちろん、手術のシミュレーションや患者さんの体調管理など、あらゆる事態を想定し、そのための対策を講じておくことができます。十分な準備の元、正しく行えば、安全な外科手術なのです。私たちはこれからも、安全で安心の治療を行うことを第一に、患者さんの満足のために努めてまいりたいと思います。


インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター
hiroshitgic at 17:57|この記事のURLComments(1)
Profile
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました