2012年07月

2012年07月19日

新月

こんにちは、中平です。
今日は新月(朔)です。月の暦は特に気にしたことはありませんでしたが、今日ワンデイインプラント手術を受けた患者さんが教えてくれました。

調べてみると、満月や新月の日には不思議な力が作用する、という説があるようです。たとえば、満月の時には水分、栄養分、薬など、体が何でも吸収しやすくなるのに対し、新月では放出する作用が働くのだそうです。ですから、満月の時にサプリメントや栄養素を摂取するのはお勧めですが、ダイエットやアルコール類には気を付けなければいけないそうです。一方新月の時には、サウナや半身浴などをすると、汗をたくさんかいてより効果的だそうです。また、タバコやアルコールをやめたいのであれば、新月から始めるとよい、ともありました。

また、満月の時には攻撃的な感情が高まるのに対し、新月の時には内向的になり瞑想などをするのにいいそうです。

こうした説は他にもいろいろあるでしょうし、科学的に解明されているわけではありません。神秘的な話ですが、私たちを取り巻く自然に何らかの大いなる力があるのではないか、ということは想像に難くありません。

今日、上顎のワンデイインプラント手術を受けた患者さんが、7月19日を手術日に希望された理由が、少しわかったように思います。この方は、7年前に下顎のワンデイインプラント治療を受けてくださった方ですが、いよいよ上顎も悪くなり、今回ワンデイインプラント治療を行うことになったのです。新月の今日をきっかけに、悪い歯をきれいな人工歯に替えることで、歯の悩みから解放され、生活が快適に切り替わることと思います。


インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター
hiroshitgic at 18:07|この記事のURLComments(0)

2012年07月06日

通院回数を少なくした歯科治療

こんにちは、中平です。梅雨にふさわしく雨の日が続きますね。地域によっては、大雨の被害に遭われているニュースも見聞きし、心配しております。くれぐれもご注意ください。

さて、今日は上下のワンデイインプラントのOpeがありました。この患者さんは、よく噛めるようになりたい、奇麗な歯になりたい、という思いはもちろんですが、できるだけ少ない回数で悩みを解消したい、という強い思いをお持ちの方です。これまで何度も何度も歯科医院に通っても、一向に良くならないことに、困り果てていたようです。

重度の歯周病になると、治療は非常に難しくなります。治療期間は長引くのに、一向に良くなる気配が感じられません。お口の悩みは大きくなるばかりでしょう。しかしワンデイインプラントであれば、歯周病に侵された部分をきれいに取り除き、インプラントをあご全体に埋めてその日のうちにきれいな仮歯を固定します。手術当日に悩みから解放されます。一般的な歯科治療に比べれば、少ない通院回数で、短期間のうちに改善されるのです。これもワンデイインプラントの一つの特長です。

長年お口に悩みを抱え続けている方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご相談ください。




インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター
hiroshitgic at 18:13|この記事のURLComments(0)
Profile
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました