2012年06月

2012年06月26日

安全なインプラント治療

こんにちは、中平です。
昨日の朝、NHKで「インプラント治療の事前検査が不十分な歯科医院が多い」という内容のニュースが流れました。

厚生労働省の研究班が、歯科医師1000人を対象に調査を行ったうち、インプラント治療を行っている289人から回答があったものです。そのうちインプラント治療後何らかのトラブルを経験した歯科医師は61%にものぼったそうです。

その原因として、事前の検査が不十分だったことが取り上げられました。骨の厚さや神経の位置を確認するためのCT検査を行っている歯科医師は57%、持病を把握するための血液検査などを行っている歯科医師は23%だったそうです。この結果には、私も驚きました。私にとっては、どちらも行うべき当然の検査だからです。

インプラント治療は慎重に、かつ正確に行う必要があります。事前に十分に検査し、患者様の体調が万全であることを確認し、手術のシミュレーションをしっかり行ってから取り組むべきなのです。安全に治療を行うために必要不可欠なことであると、私たちは認識しています。

NHKでは、今月初めにもインプラント治療によるトラブルについてのニュースを放送していましたが、その中で「歯科医師は常に知識を深めなければならない」と語った朝波先生は、先日の私たちの番組にも出演してくださいました。そしてその時にも、事前に十分な検査をし、患者様の体の状態をよく把握してから治療を行うべきだと話してくださいました。

患者様にとっては、どこの歯科医院でインプラント治療を行えばよいか、わかりにくいのが現状でしょう。実績のある歯科医師、設備の整った歯科医院はもちろんですが、治療の前にCT検査や血液検査を行って、今の体調を十分に把握し、骨の状態などを見ながら治療計画を患者様に説明してくれるかどうかも、一つのポイントになることを知っていただきたいと思います。


インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター
hiroshitgic at 10:27|この記事のURLComments(1)

2012年06月13日

「歯から始まるセカンドライフ」

こんにちは、中平です。
先日6月8日に東京MXで「歯から始まるセカンドライフ」という番組が放送されました。この番組は、全国歯科医療グループSDCの提供により、東京MXとテレビ愛媛で放送された番組です。テーマはアンチエイジング。シニアの方に、いつまでも若々しく元気に過ごしていただくために、お口の健康について見直してほしい、という願いを込めた番組です。

歯には「噛む」「飲み込む」「話す」などの機能面と、白く整った歯並び、という審美面の二つの役割があります。どちらも大事な働きです。この両面が健康であれば、体も心も健康になれます。それが若々しさにつながるのです。

番組には矯正歯科の先生や歯周病の先生、また歯科の立場から笑顔をプロデュースしている歯科衛生士さんなどが登場し、自信を持って笑顔になれることが、体と心の両面から健康になる秘訣であること、そして笑顔になるためには口元の美しさが欠かせないことなどが語られました。

しかし、年齢を重ねるとお口の健康が損なわれる場合があります。これは仕方のないことですが、そのまま諦めてはいけません。再び自分の歯のようにしっかりと噛める、美しい歯に治療すればいいのです。その一つの方法として、私たちの行っているワンデイインプラントが紹介されました。多くの歯を失ってしまったり、お口全体に重度の歯周病が広がってしまったりしている人に、お口全体の人工歯を数本のインプラントで固定する治療法です。手術当日に仮歯が固定されるので、1日で美しい口元になります。

番組内ではワンデイインプラント治療を受けてくださった患者さんも登場し、治療後の感想を話してくださいました。皆さん本当に生き生きとした表情で、素晴らしい笑顔を見せてくださり、私も非常にうれしくなりました。関東方面でまだご覧になっていない方は、6月16日土曜日 朝7:00〜東京MX(メトロポリタン)で再放送されますので、ぜひご覧ください。



インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター
hiroshitgic at 14:09|この記事のURLComments(0)

2012年06月01日

世界禁煙デー

こんにちは、中平です。
5月最後の昨日は、世界禁煙デーでした。これはWHO(世界保健機関)が定めたものです。これに伴い昨日からの1週間、厚生労働省では、庁舎内にあるたばこの自動販売機を販売停止とし、喫煙所も1か所に減らすそうです。建物内は全面禁煙だそうですが、敷地内全面禁煙までには、まだしばらくクッションが必要なのでしょうか。

国民の喫煙率は2010年で19.5%だそうです。政府はこれを22年度までに12.2%にすると、数値目標を盛り込んだがん対策基本計画をまとめる予定でいます。ガンを含め、様々な病気の原因や悪影響となっているタバコを減らせば、国の社会保障にかかる費用を減らすことにもなります。

政府のもくろみはそこにあるとしても、個人の幸せのためにも禁煙しませんか。今喫煙している人の中にも、実は禁煙したい、と考えている人が3〜4割いるそうです。タバコをやめてみたときのご飯の美味しさ、空気の清々しさ、そんな小さな喜びを見つけて、自分の健康のために、家族の幸せのために、ぜひ禁煙してください。また、喫煙はインプラント治療においても大いに影響します。私は歯科医師の立場からも、禁煙活動を推進していきたいと考えています。


インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター
hiroshitgic at 12:00|この記事のURLComments(0)
Profile
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました