2012年03月

2012年03月23日

奇跡

こんにちは中平です。
NHKの連続テレビ小説「カーネーション」をご覧になっていますでしょうか。私は毎朝楽しみに見ています。
このドラマは、ファッションデザイナー コシノジュンコさんの母、小篠綾子さんの生涯をモデルにしています。それは特別な人のドラマチックな生涯というのではなく、大正から平成まで激動の時代を生き抜いた、一人の女性のその強い母性を、描いているようです。戦中戦後の苦しい時代を生き延び、その後の高度経済成長によって日本を繁栄に導いたその原動力には、綾子さんのような女性やお母さんたちが大勢いたのだと思います。

今ドラマは佳境を迎えています。綾子さん、ドラマでは糸子さんという名前ですが、歳を重ね、階段から落ちて足を骨折したり周囲から引退を勧められたりするようになりました。それでも、年配の女性の体型に合わせた洋服のデザインをしたり、入院患者が笑顔になるような病院内でのファッションショーを企画したりと、バイタリティーにあふれています。そして、周囲の人たちに笑顔や希望を与え続けています。今週のドラマのサブタイトルは「奇跡」ですが、まさに周囲の人々に小さな奇跡を起こしていきます。

さて、私の周りにも奇跡を起こした女性がいました。野間さんという患者さんです。野間さんは以前にもこのブログに書きましたが、上あご全体のワンデイインプラント治療を85歳の時に受けた患者さんです。今では92歳になり、足が少し不自由になって車いすを使っていらっしゃいますが、元気に検診にいらっしゃいました。「家族と一緒に食事をすることで、元気でいられるんだと思う」と娘さんもおっしゃっていましたが、今でも固いものを好んで食べていらっしゃるそうです。私の顔を見ると、「先生、ありがとうございました」と何度もおっしゃってにこにこと笑ってくださいます。その笑顔が本当にありがたく、心が温かくなりました。インプラント治療が野間さんをお元気にしたのなら、その笑顔が私たちを元気づけてくれました。これからもますますお元気で、周囲を笑顔にする奇跡を起こし続けてほしいものです。


__


インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター
hiroshitgic at 12:14|この記事のURLComments(0)
Profile
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました