2011年11月

2011年11月25日

村上代議士とタバコフリーフォーラム

こんにちは、中平です。
昨日は愛媛県選出の衆議院議員であり、知人の村上誠一郎代議士の、「衆議院議員在職25年永年勤続表彰祝賀会並びに国政報告会」が東京プリンスホテルでありました。大島理森自民党副総裁をはじめ、国会議員や事務次官などの要職の方々が多数出席する中、私が司会という大役を仰せつかりました。

SKMBT_C45111112512050


村上代議士は、先日の衆議院予算委員会で福島原発事故の原因について質問に立ち、激しく追及する姿を国会中継でご覧になった方もいらっしゃると思いますが、財政や外交、教育問題など、幅広く活躍されています。8期連続当選を果たし、25年間衆議院議員として国民のために働いた業績に敬意を払うとともに、今後の活躍に期待した、盛大かつ和やかな会となりました。

SKMBT_C45111112511550-1SKMBT_C45111112511550-2




午後には、参議院議員会館で「タバコフリーフォーラムin国会」があり、参加してきました。タバコフリーとは、「タバコがない」という意味だそうで、全国タバコフリー推進団体ネットワークが主催し、国会議員や政府各省庁の方々、また報道関係者や医療関係者に向けて開かれたセミナーです。日々、国民の命と財産をどう守るのか、という命題に取り組む人たちに、命と財産を失わせる原因の一つであるタバコに目を向けてほしい、という主旨で開催されました。

20111122タバコフリーフォーラム


この写真は、展示されていた喫煙者の肺の模型です。健康な肺は、キレイなピンク色をしているのですが、タバコのせいでこのように汚れてしまいます。そして、私が手に持っているのが、1年間タバコを吸った時に肺に到達するタールです。およそ500mlにも及ぶそうです。タバコの怖いところは、その害が自分一人ではなく、周囲の人にも及ぶことです。タバコの煙には、約200種類もの有害物質が、さらには約70種類もの発がん性物質が含まれていることが確認されているそうです。この煙を、大切な家族や幼い子供にも吸わせていいのでしょうか。写真のタールは哺乳瓶に入っていましたが、子供の傍で喫煙するということは、まさにこのタールを赤ちゃんに飲ませるようなものです。

禁煙は、私たち歯科医師にとっても痛切な願いです。ヤニで歯が着色することももちろんですが、歯周病で歯を失うリスクも高くなります。統計によると、喫煙者が9本以上の歯を失う確率は2倍になるそうです。歯を失った後、インプラント治療をしようにも、喫煙はインプラント治療の禁忌事項です。なぜなら、喫煙によって血流が悪くなり、インプラントと骨が結合しにくくなるからです。また、両親の喫煙による受動喫煙で、子供の歯肉にメラニン色素沈着がおこる報告もあります。

自分自身の健康と、大切な家族のために、喫煙者が0になることを願っています。


インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター

2011年11月23日

安全・安心のインプラントセミナー

P1040108

こんにちは、中平です。
ずいぶん秋も深まってきましたね。紅葉が美しい季節となりました。

さて、11月8日は「いい歯の日」でした。それに因んで、20日(日)に安全・安心のインプラントセミナーがSDC事務局の主催で行われ、私と副院長の西原先生が講師として招かれました。先日のブログにも書きましたが、腹腔鏡手術の後は、日ごとに回復し、今回のセミナーには、ほぼ万全と言ってもいい体調で臨めました。

SDC事務局とは、患者さんに歯科医療の情報を提供したり、医療技術の向上のために歯科医院間の連携をバックアップしてくれたりする組織です。このたびも、安全で最新のインプラント治療について、広く知っていただくために開催したセミナーでした。

西原先生は、歯科麻酔医の立場から、インプラント治療が安全に行われており、不安なく取り組める治療であることを話してくれました。私は、お口全体に治療が必要な方にも、ワンデイインプラント治療によって、1日で仮歯を固定する方法があること、そしてこの治療をした多くの方が、人生を前向きにスタートさせていることをお話しさせていただきました。
P1040049

このセミナーに先立ち、SDCではテレビ番組「もう一度、噛める喜びを」という特別番組も制作し、その中でも失った歯の再生治療の一つとして、インプラント治療を紹介していました。セミナーにはこの番組を観て参加してくださった方が多く、お陰で講演の内容もより深く理解してくれたように思います。

インプラント治療は歯を失った時の治療法の一つです。ほとんどの歯を失ってしまっても、ワンデイインプラントという治療法で、再びしっかりと噛むことができるようになります。そうした治療法があるということを知っていただき、皆さんの治療の選択肢が広がることを願っています。歯にお悩みを持っている方は、ぜひ一度ご相談にお越しください。
hiroshitgic at 10:30|この記事のURLComments(0)

2011年11月04日

腹腔鏡手術

こんにちは、中平です。
今年もあと2か月になりました。月日の経つのは早いものです。


20111028手術直後

さて、実は私は先月の28日に慢性虫垂炎の手術を受けました。以前から腰からお腹にかけて鈍痛があったので、いろいろ検査したところ、慢性の虫垂炎と診断されました。幸い急を要する状況ではありませんでしたが、私も万全な体調で仕事に向かいたいので、できるだけ早い時期に手術を受けられるよう日程を調整してもらいました。

26日から入院し、28日に手術、そして30日の午前中には退院し、48時間後のお昼には銀座で講演もしました。

20111030銀座セミナー


そして1週間たった今では、平常通りに仕事を行っています。このようなスピード回復が可能だったのは、すばらしい技術をもった外科医の先生に腹腔鏡を使った手術をおこなってもらったからです。腹腔鏡手術とは、おへそとお腹に2か所、小さい穴をあけ、そこからカメラや器具を入れて、モニターでお腹の中の様子を見ながら悪い部分を切除する方法でした。

この治療法の利点は、従来の手術よりも体に負担が小さいということです。傷口が小さいため、術後の痛みが少なく、治癒も早い。その分入院期間が短くなり、早く日常生活に戻れます。また、傷口が小さければ、見た目にもよいでしょう。

この手術方法が日本で初めて行われたのは、1990年のことだそうです。まだわずか20年と考えるか、もう20年経ったと考えるか。いずれにしても、外科手術400年余の歴史の中でも最も大きな革新とも言われており、その症例数は近年急速に増えているそうです。

患者(私)にとっては、入院期間が短く、治癒も早く、傷跡もわかりにくい、大変ありがたい治療法でした。ただ、これを行う外科医には高度な技術や知識が必要です。経験の浅い医師が取り組むと、事故になる場合もあります。このデメリットともいえる側面があることを、患者サイドもきちんと理解し、主治医が経験豊富であるのか、設備も整っているのか、そもそも自分の病気に適した治療法なのか、などリサーチする必要があるでしょう。

これは私たちが行っているインプラント治療にも言えることです。またワンデイインプラントというのは、多くの歯を失っていたり総入れ歯で困っていたりする人に、たった1日で美しい仮の歯を固定する治療法です。患者さんにとっては、1日で長年の悩みから解放される劇的な治療法です。腹腔鏡手術とワンデイインプラント治療とに、何か共通するものを感じました。


インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター

2011年11月02日

世界人口70億人

こんにちは、中平です。
以前にもこのブログで、人口爆発について書きましたが、10月31日についに世界人口が70億人を突破したと国連から発表がありました。私が生まれた1955年には、30億人に達していなかったそうですので、50年ほどの間に倍以上に増えたことになります。そして今後も増え続け、今世紀中には100億人を超えると予想されています。

地域別にみると、最も人口が多いのはアジアで、今世紀半ばには52億人に増えると予想されています。またアフリカでは、2100年に現在の3倍以上に当たる36億人に達するとの見解です。一方で日本やヨーロッパといった先進国では、今後人口が減少していくとみられています。この傾向から、発展途上国はさらに貧困の問題が広がるであろうし、都市部には人口が集中して水不足・食糧不足が深刻化することが予測されます。

新しい命の誕生は祝福すべき出来事です。しかし、世界的な人口増加に伴う問題については、国境を越えて取り組んでいかなければならないでしょう。生まれてきた子供たちが、明るい未来を思い描けるよう、今、私たちが真剣に考えなければならないと思います。


インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター
Profile
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました