2011年10月

2011年10月14日

天才ジョブズが残したもの

DSCF1082
今日はiPhone4sの発売日です。銀座のMacストアには、早朝から非常に多くの人が長蛇の列を成しています。今度のiPhoneは起動が早く、またカメラ機能がさらに充実して、人の顔を認識したり連続撮影が可能になったりと、従来のユーザーにも、また購買意欲を高める製品となっているようです。

Mac前
そのiPhoneの生みの親ともいうべき、スティーブ・ジョブズ氏が先日亡くなりました。Macストア前には、多くの花束が手向けられています。世界中をワクワクさせたジョブズに対して、ある新聞に東京芸大の藤崎准教授が「天才ジョブズが残したもの」と題して追悼の記事を寄せていました。

その記事によると、ジョブズが提供したのは「質の高い体験」であると言います。たとえば車で同じ時間、同じ距離、同じ速度で走っても、軽自動車と高級車では乗り味が違います。性能の差が、そのまま体験の質の差になっています。ところがIT産業では、技術革新のスピードが速すぎて、性能=高い体験という図式は、ほんの2〜3年しか味わえません。今、ユーザーがIT製品に求めるのは、速さや使いやすさといった性能面だけではなく、「この1台でどんな体験ができるのか」という期待であり、それに見事に応えたのがジョブズだったというのです。

iPodやiPhone、iPadによって、音楽の聴き方、読書の仕方、インターネットの利用の仕方など、私たちの生活が大きく変わりました。音楽だって読書だって、従来の方法で特に不便だったわけではありません。しかし、何万曲、何千冊を小さなスマートフォンで持ち歩き、いつでもどこでも楽しめるという体験が、私たちをワクワクさせるのです。タッチパネルでなめらかに自由自在にデータを操る感覚が、快感をもたらせるのです。

便利なものが溢れている現代では、より質の高い体験ができるものが求められます。私たちが行うインプラント治療もまた、より質の高い体験ができる治療だと自負しています。多くの歯を失ってしまった人に、以前の自分の歯以上に美しくしっかり噛める歯を再生する、それが私たちの行っているワンデイインプラントです。口元が美しく何でも噛めるようになって、笑顔が増える、社交的になる、おしゃれを楽しむ、趣味が増える・・・こういった質の高い体験がどんどんできるようになるのが、ワンデイインプラントの効果でもあります。私もインプラント治療によって、ワクワクする体験を患者さんにご提供したい、と思っています。


インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター
Profile
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました