2011年08月

2011年08月11日

身内が歯医者

こんにちは、中平です。
今日は、本歯の型取りをした患者様のお話です。ワンデイインプラント手術から半年近くがたち、仮歯にもだんだん慣れて調子がよくなってきています。インプラントが骨ともしっかり結合してきていますので、本歯を作る準備として、型取りをしました。患者様も、本歯が出来上がるのを大変楽しみにしてくださっています。

さて、この患者様、今日初めて教えてくださったのですが、息子さんが歯科医師だそうです。「実は息子にも内緒で、インプラントの手術を受けたんですよ」とおっしゃるのです。手術を受けた日からしばらくは、花粉症のせいにしてマスクをして過ごし、息子さんにも怪しまれなかったそうです。しかし、ある日薬の袋を見つけられ、どうしたのかと問い詰められて、ついに白状したそうです。それが今では、仮歯でも自慢できるくらい調子がいい、とおっしゃっていました。

以前はご自分の歯のことを、歯科医師の息子さんにも相談できないくらい、恥ずかしいとコンプレックスに感じていたのでしょう。そういえば、入れ歯にしたことを家族には内緒にしていた、という患者さんも何人もいらっしゃいました。歯についての悩みは、人には話しづらく、また知られたくないことですね。その点インプラント治療は、人工歯がとても自然で外から見てもわからないのはもちろん、自分でも忘れてしまうくらいまったく違和感がないのが特徴です。

昨日のエピソードの患者様は、「こんなにきれいになった歯を、皆に見てもらって褒めてもらいたいのに、あまりにも自然だから気づいてもらえない」と冗談交じりにおっしゃっていました。そのくらい、美しくも自然な仕上がりになります。ぜひ一人でも多くの人に、お口のコンプレックスを解消し、人に自慢したくなるような歯を手に入れてほしいと思います。


インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター

2011年08月10日

暑い日にはガリガリ君

noitem
こんにちは、中平です。集中豪雨が続いて涼しい夏かと思いましたが、今年も猛暑がやってきました。節電しなければいけませんから、今年は特に大変ですね。このところ大きな手術が続いていますので、安心安全な手術をするため、食事、睡眠、運動に気を付けて、体調管理を第一にしています。

さて先日は、インプラント手術後の仮歯から最終的な歯が入り、治療が終了して数か月たつ患者様が、メンテナンスにいらっしゃいました。お口の状態はすっかり調子が良く、なんでも噛めると、とても喜んでくださっていました。

「今年は、アイスの『ガリガリ君』をまさにガリガリと食べるのがとても楽しいんですよ」と笑っておっしゃっていました。ガリガリ君とは、かき氷をアイスキャンディでコーティングした氷菓で、人気だそうです。その名の通り、ガリガリと齧る食感と冷たいソーダ味の爽快感が人気の秘密でしょう。これまではどんなに暑くても、家族みんなが食べていても、ご自分は食べることができなかったそうです。しかし、ワンデイインプラントによってお口全体を治療したことで、家族と一緒にガリガリと噛めるようになったというのです。夏の楽しみが一つ増えたと、大変喜んでいただきました。

食事の楽しみは、味はもちろんですが歯触りや舌触り、温度など、たくさんの感覚を刺激して、美味しいと感じることです。そのためにも、お口の中に異物感がなく、しっかりと噛めるということは、とても大切なことです。温かいもの、冷たいもの、固いもの、柔らかいもの、そういった変化に富んだ感覚を味わうことも食生活を豊かにします。ただし、塊の氷をガリガリ噛むようなことはしないでくださいね、とお願いしておきました。


インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター
Profile
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました