2010年03月

2010年03月20日

「なぜ大丈夫と言えるのですか?」

23967351

こんにちは。副院長の西原です。

患者さんの中には、インプラントの相談にいくつかの歯科医院をまわられている方が少なくありません。今や、セカンドオピニオンの大切さは誰もが知るところです。
初診におけるカウンセリングは、主に副院長の私が担当することが多いのですが、他の歯科医院でインプラントが難しいと診断された患者さんに対しても、レントゲンの結果問題ないと判断した場合には、私は「インプラント治療は大丈夫です。きれいな歯で何でも美味しく食事が出来るようになりますよ。」と、説明しています。患者さんは、「他では、骨が薄いのでインプラントは無理と言われたのに、先生は、なぜ大丈夫と言えるのですか?」と、不思議そうに質問されます。もっともな質問だと思います。まったく違う説明を受けたわけですから・・・。

実は、一般的に難しいといわれている症例を成功に導くために大切なことがあります。
私が歯科麻酔医、また補綴医としてオペや診療に日々携わる中で重要視していること、それは、執刀医の確実なオペ技術と豊富な経験です。その中でも、骨の薄い難しい症例を数多く経験していると、対応可能な症例の幅が広がります。ですから、難しいといわれる症例でも、その執刀医にとっては既に経験している症例であり、不可能な手術ではない、ということになります。結果的に患者さんへのメリットは非常に大きくなります。
また、もしも治療中に予期しない出来事が発生しても、あわてずに落ち着いて、最終的には適切な処置が行うことができます。以上の点を踏まえているからこそ、私は、「大丈夫です。是非、私たちにおまかせください。」と、申し上げることができるのです。執刀医の中平院長は、500症例を超える顎全体に渡るワンデイインプラントのオペを行っており、歯で悩む多くの患者さんが感謝の声を寄せています。

今年の初め、アメリカでエンジンが停止した旅客機がハドソン川に不時着し、大惨事を防いだという出来事がありました。経験豊富なパイロットだったからこそ、非常時においても、最善の決断を下すことが出来たのでしょう。経験とは、それくらい非常に重要なことなのです。インプラント治療で悩まれている患者さんがいらっしゃいましたら、ぜひ、ご相談ください。

インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター

2010年03月11日

その後の不安について

こんにちは、中平です。
昨日は手術前の不安についてお話ししました。
手術については、体調を整えて、あとは私たちにお任せいただければ、大丈夫です。お帰りの際には、心配していたことが嘘のように晴れ晴れとしていることでしょう。

しかし、手術後のほっとしたときに、新たな不安が起こるようです。今度は、人によって様々な形で感じます。
ある人は、痛みはなかったが、腫れや内出血があった、という場合に起こります。この状態が、いつまでも治らないのではないか、もっとひどくなるのではないか、という不安です。

腫れや内出血もあまり出ることはないのですが、人によっては症状が表れることがあります。手術前にもご説明していますが、実際に体験すると、聞いていた以上に悪い事態のように感じてしまうようです。
しかしご安心ください。これらは、1週間前後で必ずきれいに治ります。ご心配な時にはご連絡ください。

また、仮歯での咀嚼や発音、嚥下(ものを飲み込むこと)などに違和感があり、なかなか慣れないという場合にも、この状態がいつまで続くのだろうか、と不安を感じるようです。

これらについても、手術前にご説明していますが、時間をかけて指示通りのリハビリをすれば必ず解決します。ワンデイインプラントの場合、お口の中の環境がたった1日で大きく変わります。噛み方や話し方、舌の動かし方などを、手術前とは変えなければいけないこともあります。ぜひ、ご説明するリハビリ運動に取り組んでください。

手術は私たちにお任せください。そして、その後のリハビリは、ぜひ私たちと一緒に取り組んで、不安を取り除いていただきたいと思います。


インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター

2010年03月10日

不安について

こんにちは、中平です。
今日は不安についての話です。不安なんて、できれば感じたくないことですが、それでも日常の様々なシーンで、不安を覚えることがあるでしょう。「この不況はいつまで続くのだろう」「なんとなく体調が悪いのは病気だろうか」というように、先の見えないことや自分にははっきりと分からないこと、あるいは経験のないことに初めて取り組む時などに、漠然と不安を感じることがあります。

インプラント治療を受ける患者さんも、不安感を持っていらっしゃいます。特にワンデイインプラントような、あご全体の治療を受ける患者さんには、治療が終わるまでに何回か不安を感じるようです。

中でも特に、手術を受けるまでの不安や心配が一番大きいようです。抜歯から埋入、仮歯の装着まで、1日で本当にできるのだろうか、難しいと言われている手術が本当にできるのだろうか、事故は起きないだろうか、痛みはないのだろうか、というような不安です。初めての経験ですから、心配になるのは当然でしょう。

しかし、ご安心ください。私たちはワンデイインプラント治療で、あご全体を改善する治療を500例以上行っております。その毎回、安心で安全な治療を行ってきました。この実績と技術にお任せください。また静脈内鎮静法で全身管理をしながら手術しますので、痛みもなく、気がつけば手術は終わっています。その後、仮歯を装着して帰るときには、抱いていた不安はすっかり払しょくされているはずです。どうぞ、安心して手術をお任せいただけたらと思います。


インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター
Profile
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました