2010年02月

2010年02月25日

老後の生活

こんにちは、中平です。
今年、私の母は満88歳になります。若い時には教員として、大勢の子どもたちに囲まれて元気に過ごしていた母ですが、最近ではその積み重ねた年齢を感じさせるようになりました。体は健康なのですが、時々認知症の症状が表れ始めています。時間の経過とともに人は老いて、体のあらゆるところに衰えが出てくることは自然であり、抗うことのできないことです。しかし努力すれば、そのスピードを緩めることはできるかもしれません。

私の友人に、菅井有三さんというプロスキーヤーがいます。彼は同じくプロスキーヤーの三浦雄一郎さんの率いるスノードルフィンに所属していました。また、三浦さんの父である三浦敬三さんとも行動を共にしていたそうです。三浦敬三さんのことは御存じの方もいらっしゃると思いますが、99歳の時に親子3代でモンブランの大氷河滑降を成功させ、大変話題になった人です。菅井さんによると、100歳目前までかくしゃくとして、トレーニングを続けていましたが、骨折をして入院後は急激に衰えたそうです。それでも、リハビリに励み、一時はずいぶん回復され、100歳で4世代滑降も成功させましたが、残念ながら101歳で亡くなりました。

101歳と言えば、かなりの御長寿です。そこまでお元気でいらっしゃったのは、きっと毎日のトレーニングのお陰でしょう。骨折・入院がなければ、もっと長くスキー人生を送ったかもしれません。毎日の運動が、健康でいるためにいかに大切であるかを、教えてくれているように思います。

私も今年で55歳を迎えます。母の姿や菅井さんの話をきっかけに、自分の老後の生活について、考えるときがあります。生きている間は、できるだけ健康でいたい、というのが万人の願いでしょう。私も、生涯スポーツを続けて、健康を維持したいと思います。もちろんその為には、しっかり噛んで食事をすることが一番大切です。その点で、皆さんの健康に貢献できる仕事に従事していることは、私の喜びでもあります。自分の健康にも留意しながら、皆さんの健康維持の為に働いていきたいと思います。

インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター

2010年02月17日

Limit(限界)

スピードスケート長島選手こんにちは、中平です。
昨日銀メダルを獲得した長島選手は、インタビューの中で「転んでもいい覚悟で攻めの滑りをした」と語っていました。スピードスケートの選手が転んだ時、どれほどの衝撃があるでしょう。勢いに乗ったまま壁に激突でもすれば、選手生命にかかわる怪我を負うかもしれません。しかし、そのリスクにあえて挑戦してこそ、栄光を勝ち取れるのですね。

今大会のダウンヒルの金メダル候補に、アクセル・スピンダルという選手がいます。先日NHKスペシャル「ミラクルボディ」で、彼が紹介されていました。最高時速160?を超えるスピードで、急斜面を滑走するこの競技では、転倒すれば死につながることもあります。スピンダル選手もかつて、競技中に転倒し、意識不明の重体になる経験をしました。これほどの事故であれば、ふつうは肉体の怪我が完治しても、恐怖心から以前のようなスピードは出せなくなります。恐怖を感じると、無意識のうちに筋肉が反応し、体が思うように動かなくなるからです。しかしそれでは競技に勝つことはできません。

スピンダル選手は「ここが限界だな、と思うところの安全装置を少しだけ外し」、恐怖心を克服して、見事に復活を遂げました。このようなことができるのは、脳内までもコントロールする強い精神力と、事故を起こさない絶対の技術力があるからでしょう。

恐怖心のコントロールとまではいかなくとも、限界を感じることは、どんな業界にもあることでしょう。私たちが行うインプラント治療においても、限界を知り、限界に挑むことが多くあります。同じように手術をしていても、患者さん一人ひとり、口の中も全身状態も違っています。たとえば、口が開きにくい患者さんの場合、それだけで通常なら容易な部分の手術も、大変困難な治療になります。こういう「ここが限界かな」と思う経験をたくさん積まないと、自分の限界を見極められないし、その先へ安全に進む技術を身につけることもできません。私たち歯科医師も、事故を起こさないために、多くの経験を積み、あらゆる場面に対応できる技術力を身につけなければいけませんね。

インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター

2010年02月16日

「私の息子は歯医者です」

こんにちは、中平です。いよいよバンクーバーオリンピックが開幕しましたね。日本勢はあと一歩でなかなかメダルに届きませんでしたが、今日ついにスピードスケートで銀と銅を獲得しました。世界の強豪たちと戦って、勝利を収めるということは、並大抵のことではないでしょう。引き続き、日本選手の健闘を期待しましょう。

さて、先日ワンデイインプラント治療をされた患者さんが、「私の息子は歯科医師なんです」と仰いました。実はこの患者さんだけではなく、子供や兄弟、親族などごく近い身内に歯科医師がいるという患者さんが、結構いらっしゃいます。もちろん、患者さん本人が歯科医師、という方もいらっしゃいます。けれども、そういう患者さんでも、ワンデイインプラント治療をすると、「こんなことができるんですか!」と驚かれます。

一般には歯科医師であれば、インプラント治療ができて当たり前だと思われるかもしれませんが、同じ歯科医師でも得意な分野はそれぞれです。そして、インプラント治療に本格的に取り組んでいるドクターは、案外まだまだ少ないものなのです。さらにその中でも、ワンデイインプラントのような治療をするドクターは、ほんの一握りです。ですから、先日のご子息が歯科医だという患者さんも、「1日でここまでできるなんて信じられない」と非常に驚き、感動してくださったのです。

インプラントという言葉は、最近一般にも広く知られるようになってきたとは思いますが、詳しいことはまだまだ知られていないようです。私たちは安全安心な治療を行うための技術向上に努めながら、一方で患者さんやドクターにも、最新のインプラント治療についての正しい知識を持っていただくために、啓蒙活動に努めていきます。当院では、先日のブログにも書きましたが、「ワンデイインプラント・ジャーナル」というニュースレターを発行し、インプラント治療に関する情報発信もしています。ご興味のある方には無料配布いたしますので、ぜひお問い合わせください。


インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター

2010年02月08日

3Dに驚き

こんにちは、中平です。
最近は3Dが流行っているようで、いろいろなところで見聞きします。ゲームソフトはもちろん、映像が3Dで見られるテレビやブルーレイディスク、コンピュータに接続し特殊なメガネをかけると、立体画像が動き出す絵本、さらには住宅デザインを3Dで立体的に見せて、顧客に間取りやデザインをより実感してもらう、というようなこともしているようです。

アバター3Dに関連したいろいろな新製品が開発されているようですが、現時点で身近に体感できるのは、映画でしょう。先日映画「アバター」を観てきました。ストーリーはとてもシンプルなのですが、ジェームズ・キャメロン監督の作りだした映像の素晴らしさに感動しました。映像が目の前に迫ってくる迫力と臨場感。3Dのテクノロジーがここまで進んでいるのか、と圧倒されました。

また昨日は、銀座のソニービル8階OPUSで、北海道の旭山動物園と、沖縄の美ら海水族館の生き物たちを撮影した映像を、3Dハイビジョンシアターで見てきました。手を伸ばせば触れることができそうに思えるほど、立体的でリアルな映像でした。

CT3Dは様々な分野で利用されています。インプラントにおいても、骨の状態を調べるために、CT撮影したデータを、コンピュータ上で三次元に組み立てて見ることができます。あらゆる角度から骨を見ることができるので、インプラント治療のシミュレーションをする上で、非常に便利で有効な機能です。今後ますます進歩して、手に取るような3次元画像となって、よりリアルに見ることができるようになるのではないかと、期待しています。



インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター

2010年02月02日

29周年

こんにちは、中平です。
今日は、私が本院である中平歯科を開業して、29年目にあたる日です。大学を卒業し、研修を経て、開業医として独立した記念の日です。

29年前のこの日は、とても寒い日だったことを覚えています。当時は歯科医院も少なく、開業と同時に患者さんが押し掛け、何時間も待っていただくというような、今では考えられない状況でした。

それから29年が経ち、私たちを取り巻く環境もずいぶん変わりました。街の様子も、歯科界も。しかし、これまでに積み重ねてきた自分の実績が、私の自信となり、今も変わらない私の仕事を支えてくれていると思います。

開業当時にはまだ生まれていなかった娘が、今では本院の院長として頑張ってくれています。そして私は、東京銀座歯科で、インプラント治療を中心に診療を行い、全国各地からいらっしゃる患者さんと出会い、診察させていただいています。これもひとえに、私とそのスタッフを信頼して通ってくださる大変多くの患者さんのお陰です。本当にありがたく思います。また、私とともに頑張ってくれている、スタッフにも感謝です。

この歯科治療こそが、私の天職だと思っています。今日の日に一つの節目を迎え、改めて初心を思い出し、これからも安全で安心な治療を行い、ますます極めていきたいと、気持ちも新たにしました。

インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター
Profile
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました