2009年06月

2009年06月26日

最高齢のワンデイインプラント

こんにちは、中平です。
先日、私が手がけたワンデイインプラント手術のうち、最高齢の患者さんが、久しぶりにメンテナンスにいらっしゃいました。手術当時が85歳、今年で90歳になられます。
2年ぶりのメンテナンスでしたので、お元気でしたか、と声をおかけしたところ、2年前に腰を圧迫骨折して来ることができなかったことがわかりました。

それにしても、失礼ながらこのお歳で骨折を経験されても、また回復されたのは素晴らしいと思い、付き添っていらっしゃった娘さんに、少し詳しくお話を伺いました。すると、開口一番、「先生のおかげです。インプラントにしてくださったおかげなんです」と、仰ってくださいました。
「骨折したときは、このまま寝たきりになるかと、とても不安でした。でも、腰を固定して動けないながらも、口の中をきれいにすすぐと、食欲が少しずつ出てきたんですよ。食事がとれるようになると、動きたくなるんでしょうかね、座位が取れるようになって、リハビリも開始して、少しずつ少しずつ動く範囲が広がっていったんです。人間、やっぱり点滴とか流動食とかで栄養だけ摂ってもダメなんですね。噛んで食事をすることで生きる気力も出てくるんだって、よくわかりました。」
この患者さんは、インプラント治療をする前は、入れ歯を使っていましたが、安定せず、十分に噛むことができませんでした。いろいろ工夫して、軟らかい食事を作っても食が進まず、娘さんも困り果てたそうです。「先生、一度でいいから母に『おいしい』って言ってほしいんです」そうおっしゃって、インプラント治療を希望されました。「今は私たちと同じ食事ができます。何でも食べますよ。もともと歯ごたえのあるものが好きだったから、先日なんて小エビを殻ごとフライにするように言われました」と笑っておっしゃっていました。

インプラント治療に踏み切るには、「費用」「怖い」というようなハードルが確かにあります。しかし、治療後に得られる効果は、口の中だけにとどまらないと思っています。この患者さんのように、骨折から回復する力や生き抜くパワー、家族と食事を摂る楽しさや充実感など、様々な効果があると思います。思い切ってインプラン治療に踏み切った患者さんご本人の勇気と、それを後押しされたご家族の深い理解と愛情が、大きな効果を生み出したのではないかと、私も非常にうれしく思いました。

これからもますますお元気で、またメンテナンスにお越しいただけることを、楽しみにしています。


野間さん野間さんと







インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター



hiroshitgic at 10:10|この記事のURLComments(0)

2009年06月23日

成田デンタルインプラントセミナー

こんにちは、中平です。今年は地域によって雨が降らなかったり局地的な豪雨が降ったりと、同じ梅雨とは言え、ずいぶん違っているようですね。

さて、6月14日に東京国際フォーラムで、成田デンタル主催の定期セミナーがありました。成田デンタルは、日本国内では規模的にも大きく品質もレベルの高い技工所です。その成田デンタルが、学術向上のため、定期的に歯科医の先生方向けのセミナーを行っており、私も何度か講演をさせていただいています。

今回は基礎学と臨床との共同講演でした。基礎学では、神奈川歯科大学の高橋常男教授が、インプラントの臨床については私が講演させていただきました。
高橋教授は、「肉眼解剖・臨床解剖学分野 人体構造学講座」の教授で、私もこの教室に在籍し、共同研究をさせていただいています。テーマは日本人と西洋人の骨格の比較についてです。インプラント治療はスウェーデンで開発され、欧米諸国の方がやや進んでおり、研究等も海外から入ってきますが、西洋人と東洋人とでは根本的に骨格や骨質が違います。ところが、日本人の骨についての研究が、まだまだ進んでいないのが現状のように思われます。インプラント手術において、日本人の骨について知っておくことはとても大事です。今後、このテーマについても研究をしていきたいと思っています。

また今秋に、高橋先生と一緒に講演を行う予定で、私も楽しみにしております。
2009.6.14成田デンタルセミナー22009.6.14成田デンタルセミナー






インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター

hiroshitgic at 11:40|この記事のURLComments(0)
Profile
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました