2009年03月

2009年03月31日

「我慢」について

こんにちは、中平です。
今日で3月も終わりですね。明日から新しい年度の始まりです。環境が新しくなる、システムが変わるなど、身の回りに新しい変化が起こる時ではないでしょうか。桜とともに期待や希望も膨らむ季節です。

さて、毎日の診療の中で、患者さんからよく聞く言葉に「我慢」があります。「歯がグラグラしていますが、抜けるまで我慢します」とか、「残っている歯は、もつまで我慢して使います」とか、「歯ぐきが腫れて痛いけど、我慢していました」、「歯槽膿漏なんですが、我慢できる限り辛抱していました」などなど。本当に日本人は我慢強い民族だと思います。

しかし、私はそのような患者さんに「我慢しないで治療して下さいね」と言います。我慢することは、体にとって良くないからです。
たとえば、他の病気のことを考えてみましょう。糖尿病やガンのような大きな病気が見つかった場合、そのまま我慢する人はいないでしょう。早期発見・早期治療が、重要なのですから。歯も同じです。痛みや腫れがひどくなる前であれば、治療も早く小さくすみます。我慢していると、病巣はますます大きくなり、状況は悪化するだけなのです。

日本には古くから、我慢することが美徳だとする考え方がありました。しかしそれは、様々な制約の中で生活しなければいけなかった、昔の風土から生まれた考え方でしょう。現代の生活に当てはまるとは思えません。
我慢するということは、自分の気持ちを押し殺して、その状況にじっと耐えている、という状態です。心にも体にも、ずいぶん負担をかけているのです。
何も、言いたい放題、やりたい放題にしてもよいと言っているわけではありません。私は我慢するより、いかに状況を良くしていけるか、ということを考えた方が、ずっと健康的な生活ができると言いたいのです。

勉強や仕事においても、同じことが言えると思います。時には辛いことや苦しいことがあるでしょう。そこから逃げ出さずに、頑張って続けることは、もちろん素晴らしいことです。しかし、ただ「我慢」しているよりも、その状況を楽しめる方法はないか、より良く改善できる方法はないか、と前向きに考えることができれば、精神的な負担はずっと軽くなるはずです。
心身が健康であるためには、「我慢」ではなく「解決」を。お口のお悩みも、ぜひ早めにご相談ください。私たちと一緒に、前向きに対策(治療)を考えていきましょう。


インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター

hiroshitgic at 12:15|この記事のURLComments(0)

2009年03月26日

健康管理とインプラント治療

お花見
こんにちは、中平です。
はやくも桜の便りが聞かれる頃となりました。近年は、入学シーズンを待たずに桜が咲き始めるようです。これも暖冬の影響でしょう。とはいっても、花冷えの日もあるようで、体調を崩しやすい時期です。十分な注意が必要ですね。

体調を崩すと、本人も辛いのですが、周囲の人にも影響します。家族や友人、職場の仲間に、心配や迷惑をかけてしまいます。自分の健康管理をするということは、自分のためだけではなく、周囲の人への思いやりとも言えるでしょう。一人ひとりが常に健康でいて、仕事を含めた日常の活動が、常に滞りなく作動する状態であることが望ましいと思います。

しかし、避けようのない、予期せぬ事態も起こります。どんなに健康に留意していても、思いがけない病気や、事故による怪我などの災難が降りかかることがあります。その時には、病気や怪我がさらに悪化しないよう、適切な治療や処置を受けたいものです。そうすれば、周囲への影響も最小限でとどめられることでしょう。

お口の中についても、同じことが言えます。普段から、歯磨きをして予防に心がけていても、虫歯や歯周病にかかることがあります。その時には、私たち歯科医が回復のお手伝いをしますので、早めにご相談にいらしてください。また、多くの歯を失っていたり、すでに総入れ歯を使っていたりしても、あきらめないでください。私たちには、ワンデイインプラントでお口のかみ合わせを理想的に回復する、という技術があります。お口の健康は、全身の健康につながります。口元から健康を取り戻し、ご家族やご友人との、健康で快適な充実した毎日を過ごしていただきたいと思います。


インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター


hiroshitgic at 16:34|この記事のURLComments(0)

2009年03月10日

レーシック手術とインプラント治療

6d8aeb97.jpgこんにちは、中平です。

先般、眼科のレーシック手術で感染事故が起こったというニュースがありました。レーシック手術とは、角膜にレーザーを照射することで、屈折率を調整して視力を回復する治療法です。手術時間も両目で20分程度と短く、近年治療技術の向上や高性能な機器の開発に伴い、広く普及してきているようです。
正しい術式に則り、経験豊富な眼科医のもと、清潔に管理された機器で行われれば、安全で患者さんにとって非常に有効な治療法だと思います。ところが事故は起きました。その原因は、十分に滅菌されていない機器の使い回しによる感染事故だったそうです。なぜこのような事故が起こったのでしょうか。

第1の理由は、医師の清潔に対する意識の低さにあるように思います。第2の理由は患者を集めるための過当競争があったのではないでしょうか。
レーシック手術は保険がきかない自費治療です。ネットでいくつかの医院を調べてみましたが、20万円前後に設定しているところが多いものの、10万円を切る低価格から50万円まで、幅があります。患者さんにとっては、できるだけ費用を抑えたい、というのが当然の心理です。医院側もできるだけコストを削減したいと思っています。

しかし、手術にかかる費用の内訳を考えてみましょう。手術には高性能の機材が必要です。また手術環境も整えて、常に清潔に保たなければなりませんし、有能なスタッフを集め、チームとして取り組まなければいけません。こうしたことを考えると、短時間の手術とはいえ、ある程度のコストがかかることは容易に想像できます。しかし、おそらくは価格競争に目を奪われてしまい、清潔を保つための費用を削減し、治療には必要不可欠な安全性や品質が損なわれてしまったのでしょう。

私たちの行うインプラント治療も、このレーシック手術と大変似ています。自費治療ですので、1本10万円から50万円位まで、医院によって様々です。高ければいい、という訳ではありませんが、価格を下げることにも、限界があります。

私たちのインプラント治療は、1本あたりはけして安くはありません。しかし、あご全体を治療しなければならない方には、ワンデイインプラントという治療法によって、体や費用の負担をなるべく軽くしています。これは、埋入する位置や方向を工夫し、使用するインプラントの本数を最適にする治療法です。治療期間を短縮し、費用は下げますが、品質は落としません。
私たちの治療のモットーは、「安全・品質・効率」です。この3つは密接に関連し合っています。どれか一つでもおろそかにすると、手術は成功しません。患者さんにとってコストというハードルを下げる努力も行い、そしてもっとも大事な「安全・品質・効率」を落とすことのないよう、バランスのとれた治療を、これからも心掛けたいと思います。


インプラント治療ならワンデイインプラント専門の東京銀座歯科 東京銀座インプラントセンター
hiroshitgic at 15:29|この記事のURLComments(1)
Profile
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました