2008年04月

2008年04月18日

『歯学教育モデル・コア・カリキュラム』

こんにちは、中平です。
先日文部科学省から、歯科医師臨床研修施設あてに『歯学教育モデル・コア・カリキュラム』という冊子が送られてきました。
これは、歯科医学の膨大な知識と技術の量を整理すると共に、歯科医学・医療に対する社会のニーズの変化に対応して、歯学生が履修すべき教育内容のコアとなる部分を、ガイドラインとして提示した物です。
内容は、「医の原則」として「患者の尊厳」や「医の倫理」といったことから、「臨床歯学教育」に至るまで、歯科医師として求められる基本的な資質の、具体的な目標が箇条書き形式で提示されています。非常に短い文で、簡潔に目標設定されていますが、そこに含まれる内容は、深く重みのあるもので、この冊子を読んでみて、あらためて身の引き締まる思いがしました。
この内容は、歯学生だけではなく、すでに経験を積まれた歯科医の先生方やスタッフの方々にも、ぜひ目を通していただきたい冊子です。

hiroshitgic at 10:55|この記事のURLComments(0)

2008年04月16日

貢献すること

9153185a.jpgこんにちは、中平です。
新年度になって半月が経ち、新入生、新入社員もそろそろ環境に馴染んできたり、仕事に少しずつ慣れてきたりするころでしょうか。
新人の方たちは、毎日が勉強で、身につけなければいけないことがたくさんあると思います。しかし経験を積んだ私たちも、日々新しい技術を施し、患者さんへサービスを提供するために、今も勉強を重ねています。最新の技術を習得するための研修会や、接遇トレーニングを定期的に行うことで、スタッフの知識、技術、マナーなどが向上するように努めています。こうした研修やトレーニングは、常に「現状の一歩先」を目指すもので、今より高いところ、今より前へ、を目指しています。しかし、上ばかり見ていて、自分の立っている足元を見失ってはいけません。研修会やトレーニングの、真の目標が何かということを見失って、形ばかりのトレーニングになったのでは、どんなに高い技術があっても事故やアクシデントにつながりかねないのです。
私たちが研修を重ねる目標(ミッション)は、「貢献すること」です。私たちが仕事の上で貢献する相手とは、患者さんであり、共に働くスタッフであり、働く環境を含めた社会であると思っています。患者さんに対して、スタッフに対して、社会に対して、自分がどれだけ貢献できたか、ということが私たちの働いた成果であり、やりがいに通じると思っています。
私のミッションは「天職を極めて、人々の健康に貢献する」です。人々とは、患者さん、スタッフ、社会の人々を含めています。このミッションを常に忘れることなく、一層努力していきたいと思っています。

hiroshitgic at 18:17|この記事のURLComments(0)

2008年04月02日

リセット

464cc1f3.jpgこんにちは、中平です。
長く感じられた冬もようやく終わり、いよいよ春ですね。もう桜が満開を迎えたところもあるそうですが、花冷えの日もあり、体調を崩しやすい時期でもあります。くれぐれもご自愛いただきたいと思います。
さて、4月を迎え、新年度が始まりました。4月1日は、新しい制度が導入されたり、古い制度が切り替わったりする節目の日でした。そういう意味では、新年度は正月よりも大きな1年の節目になるかもしれません。
1年の節目は正月や新年度ですが、人生においての節目は、人それぞれにいろいろあることでしょう。子供であれば入学や卒業がそうでしょうし、大人になってからは、就職や昇進、結婚や出産、引っ越しなどがこれに当たるでしょう。一つ節目を迎えるごとに、自分の内面や取り巻く環境が、リセットされます。新たな気持ちで前向きに取り組めるようになる、いいきっかけになっていると思います。
私の取り組むワンデイインプラント治療も、患者さんにとって一つの大きな節目になっているように感じています。手術の日まで痛い、噛めない、恥ずかしい、などの不具合に悩まされていた人が、1日の手術で見違えるように美しい口元に変わるのです。それからの生活が一変した、毎日が楽しい、食事もおいしい、と多くの方に喜んでいただき、そのたびに私もうれしく感じていました。
今もお口に悩みを抱えたまま、決心がつかない方もいらっしゃることでしょう。自分で一歩を踏み出すためには、大変な勇気がいります。でもその一歩を踏み出すことで、その日から人生が変わるかもしれません。春になって分厚い服を脱ぐように、あなたもワンデイインプラントでリセットしませんか。

hiroshitgic at 18:16|この記事のURLComments(2)
Profile
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました