2006年09月

2006年09月25日

今治市で『ワンデイ・インプラント』出版記念セミナー開催

こんにちは。今治市 中平歯科の近藤です。24日(日)は今治市の中心地にある今治国際ホテル クリスタルホールで、「『ワンデイ・インプラント』出版記念セミナー」がありました。
この日はお彼岸や、この地域の小学校の運動会などが重なっていたため、どのくらい人が集まるのかスタッフも心配していましたが、100名近い方が来て下さり、中には治療の終わった患者さんも20名ほどいらっしゃって、大変嬉しく思いました。(休日にわざわざ足を運んでくださった皆様、ありがとうございました!)
このセミナー中に、実際に治療を受けた方に体験談を話していただいたのですが、「インプラント治療を受けてから、性格まで明るくなり、毎日の生活がとても楽しくなりました。家族も私の変わりようを、とても喜んでくれています」と仰っていました。
インプラント治療をしてお口が健康になることが、全身の健康にも深く結びついているということ、さらには心の健康にも関わっているということを、ご参加いただいた方に感じていただけたなら、嬉しいです。今後もこのようなセミナーをすることがあると思いますが、今回ご参加いただけなかった方にも、また是非お越しいただける機会があれば、と思います。

hiroshitgic at 15:40|この記事のURLComments(0)

2006年09月12日

インプラント画像診断コース基調講演

feaa09f6.JPG9月10日は東京田町駅近くのグランパークで、(株)横河マテリアライズ社主催のインプラント画像診断コースの基調講演講師として招かれました。横河マテリアライズ社とは、歯科用CTの分析ソフト(シムプラント)を扱っている、日本国内では有数の企業です。インプラント治療をする多くの歯科医が導入しています。インプラントは顎の骨に埋め込むので、骨の質や状態、骨の中の神経などを3次元的に分析することが必要不可欠です。そのために、撮影したCT画像をコンピュータ処理し、3D画像であらゆる角度から見ることができるようにしてくれるシムプラントは、非常に重要なのです。
横河マテリアライズ社では、まだシムプラントを導入されていない先生方や、さらに高度な使い方を習いたい先生方を対象に、診断実習を兼ねた研修会を設けており、今回、その基調講演として、ワンデイ・インプラントについてお話をさせていただくことになったのでした。
ワンデイ・インプラント治療については、もうすでにご存知の先生もいらっしゃいましたが、実際に取り組んでいらっしゃる先生はまだまだ少ないので、有意義な講演になったのではないかと思います。
この治療法のことを歯科医の先生方にももっともっと知っていただき、総入れ歯の患者さんにどんどん広まることを期待しています。そして、一人でも多くの方に入れ歯と「さようなら~」してほしいと願っています。

hiroshitgic at 18:24|この記事のURLComments(0)

2006年09月09日

昭和大学でのセミナー

1648c6bc.JPG9月8日は昭和大学歯学部顎口腔疾患制御外科学教室にて、ワンデイ・インプラントの講演をさせていただきました。顎口腔疾患制御外科学教室とは、歯、顎、お口の中などに発生する様々な疾患を治療する教室です。特に開業医では治療できないような顎変形症やがん治療など、大規模な治療や高度先端医療に取り組んでいる教室です。ここの新谷 悟教授とは、愛媛大学助教授時代から懇意にさせていただいており、そのご縁もあって講演のお声がけをしていただきました。
出席していたのは、その医局の先生や在籍されている方で、40〜50名だったでしょうか。私の行っているワンデイ・インプラント治療の成功条件や使用材料、術式、臨床成績などをお話させていただきました。皆さん普段から、高度医療に携わっている方々ばかりなのに、開業医のインプラント治療にも大変興味を持って聞いていただき、講演後には活発に質疑が飛び交いました。やはり、ワンデイ・インプラント治療は、患者さんにとって大変有益な治療法であることを、聴講していただいた先生方の熱心さを見て実感しました。
講演後は、新谷教授から感謝の盾までいただき、さらに感激しました。ありがとうございました。
最後に余談ですが、大学での講演は久しぶりだったので、教壇から階段教室を眺めたとき、懐かしい感じがして、思わず頬が緩んでしまいました。

hiroshitgic at 18:22|この記事のURLComments(0)

2006年09月05日

「ワンデイ・インプラント」講演会

 去る9月3日(日)、松山市のいよてつ眦膕亜.ャッスルルームで、「ワンデイ・インプラント」講演会を、松山インプラントセンター主催で開きました。前回に引き続き、150名以上の来場者で、盛況でした。こんなにもお口に悩みを抱えている人たちがいるんだな、と改めて使命に燃えました。
 私たちの仕事は、もちろん、臨床の場で治療をすることですが、このような講演会などを通して、新しい治療法を啓蒙していくことも大きな仕事の一つと考えています。インプラント治療がまだまだ普及しない原因は、治療費のことや手術の不安などが言われますが、インプラント自体が一般に知られていない、あるいは間違ったイメージのまま理解されている、ということも原因だと思います。私は今後も、インプラント治療の講演を、そしてまた健康全体に関わるお話をさせていただき、ご来場くださった方々の健康に貢献していきたい、と考えております。
 さて、今回の講演の大きなポイントは、公演日の前日にワンデイ・インプラントを体験された患者さんにご協力いただき、手術の前から終わった後までをビデオ録画し、そのダイジェスト版を見ていただいたことです。この方は、上顎に歯がない総入れ歯の方でしたが、講演日には、仮歯とはいえ、きれいな歯で登場され、来場者の質問にも答えてくださいました。実際の体験者の生の声でしたので、聞く方にもよく理解できたことと思います。(ご協力、ありがとうございました!)
 このときの詳しい様子は、またホームページにアップしますのでお楽しみに。ちなみに、9月9日は東京銀座歯科にて、9月24日は今治国際ホテルにて、10月1日は東京銀座文祥堂イベントホールにてセミナーを開催します。またドクター向けのセミナーとしては、9月8日に昭和大学口腔外科教室にて、9月10日には東京港区グランパークにて横河マテリアライズ社主催で行います。ご都合のつく方は是非ご参加ください。また、他の歯科医の先生方もセミナーや講演会を開催されていますので、いろいろな先生方のお話も聞かれてはいかがですか。
2006年9月3日セミナー風景
hiroshitgic at 18:22|この記事のURLComments(0)

インプラント相談会開催

こんにちは。東京銀座インプラントセンターの佐藤です。9月9日(土)に、東京銀座インプラントセンターにおいてインプラント相談会が開催されます。費用は無料ですので、銀座でお買い物のついでに寄ってみてはいかがでしょうか。詳しくは当院まで連絡ください。また、9月10日(日)は、東京、田町にてDr.ナカヒラによる、インプラント画像診断セミナーが開催されます。こちらは歯科医師対象のセミナーになります。インプラント治療は術前の診断が非常に重要です。興味のある方は奮ってご参加ください。    
         東京銀座インプラントセンター   佐藤 秀
hiroshitgic at 14:35|この記事のURLComments(0)

2006年09月01日

「よく噛んで食べる」とは?

中平歯科医院、歯科医師の西原正弘です。被せ物が壊れたり外れたり、または自分の歯が折れたり擦り減ったりして来院される患者さんのお口の中をみていると、「噛む」という行為がどんな影響を及ぼすのか改めて考えさせられる事があります。
健康の為には「よく噛んでたべる」ことが大切だと昔から言われていますが、「よく噛む」とは、強い力で食いしばったり、ガリガリ・ガチガチ・ギリギリと思いっきり噛み締めなさいという意味ではありません。軽やかにリズムよく、サクサク・パリパリ・モグモグといったイメージです。そうすることで、唾液の分泌も促進されて消化吸収にも大事な役割を果たします。
日常生活において上下の歯は、食事のとき以外に当たることは無いのが普通です。普段、何気なくテレビを見ていたり、何かに集中しているときに無意識に歯をギュッと噛み締めていたりしていませんか?一生に一度の大切な「歯」です。優しくいたわりの気持ちを持っていただけたら、きっと歯も長く機能して、あなたの健康な生活をサポートしてくれるに違いありません。

hiroshitgic at 18:05|この記事のURLComments(0)
Profile
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました