2006年04月

2006年04月25日

インプラントできれいになる法則

最近よく思うことがあります。インプラントをした女性がOPE後何度か来院するたびに、どんどん綺麗になっているのです。皆様そうなので、これには驚きましたが、インプラント治療には若返り効果もありますから、綺麗になるのは当然の事だと思います。
おそらく、インプラントをして噛める機能がよみがえり、噛めることで、咬筋(頬あたりの筋肉)や口輪筋(唇の周りの筋肉)などの表情筋が発達し、入れ歯のため下がっていた口角があがり、口元のしわが減り顎や頬のたるみも気にならなくなっているのだと思われます。まさにアンチエイジング(若返り)効果が見事に現われているのではないでしょうか。なんといっても、笑顔が素敵なのです。歯に自信もてると、人間の心理として、上手に笑うコツを皆様自然に覚え始めます。同時に、おしゃれする喜び、おしゃべりやお出かけする楽しみもよみがえり、まさに「笑う門には福来る」ならぬ「笑う角には福と美が来る」です。
インプラントをするとどのように美容に効果があるのかについては、又改めてお話したいと思います。もちろん最初からお綺麗な方が沢山いらっしゃるのですが、輪をかけて美しくなるので、お会いするたびに、私たちもうれしくなります。
恋をすると綺麗になるといいますが、まさしくその通りで、インプラントをすると綺麗になるという法則も、それと同じ原理がきっとあるのでしょう。

hiroshitgic at 18:18|この記事のURLComments(0)

2006年04月14日

アンチエイジングとインプラント

 テレビや雑誌で「アンチ・エイジング」というテーマがよく取り上げられています。老化を防ごう、若さを取り戻そう、というところでしょう。女性にとっては永遠のテーマかもしれません。
 どうすればアンチ・エイジングが可能でしょうか。まずは化粧品でしょうか。肌のきめを整えてハリを出す、シミやシワを隠す。次に健康食品。体の内側から健康になりましょう。そして究極は美容整形、でしょうか。
 でも、インプラント治療でもアンチ・エイジングができるのですよ。歯を失ったり、あまり噛めなくなったりしてくると、口もとにシワができて老けて見えます。これは頬の筋肉が使われなくてたるんでくることと、顎の骨が痩せてくるためにできるシワです。インプラント治療をすれば、顎の骨が痩せることはありませんし、しっかり噛めるので頬の筋肉が鍛えられて表情が豊かになります。口角が上がって若々しくなります。まさに、骨格からの美容整形、と言えるかもしれません。
 高価な化粧品や健康食品は、常に買い続けなければいけませんが、インプラント治療は1度受ければ何年も機能し続けます。しかも、味気ない健康食品ではなく、美味しいものを何でも食べられます。体の内側からアンチ・エイジング、できますね。

hiroshitgic at 11:14|この記事のURLComments(1)

2006年04月13日

インプラント治療と人格の回復

先月、東京銀座インプラントセンターにある患者さんがいらっしゃいました。
 この患者さんは、もう何年も入れ歯で我慢してきた方です。痛くて噛むことができない、人前で話していると入れ歯がはずれそうになる、くしゃみをすると飛び出しそうになる・・・。人と話すのも億劫になり、人前では自然にうつむき加減になり、無意識のうちに口もとに手を当てるようになっていました。いつの間にか、口角がさがってしまい、顔つきも老けて見えるようになったそうです。そこで、思い切ってインプラント手術を決心されました。
 イミディエート・ファンクションの手術を受け、約1ヶ月が経ちました。手術をした私も驚くほど、顔立ちが変わったのです。口もとにハリがでて、口角が上がり、若々しくなりました。首筋がスッと伸び、姿勢もよくなったようです。そして、口もとを隠すことなく、堂々と話し、笑顔になられました。
 この方と話していて、ブローネマルク教授の言葉を思い出しました。昨年のワールド・カンファレンスでの言葉です。「インプラント治療は機能の回復だけではなく、人格をも回復する」。まさにこの患者さんは、ご自分の人格を取り戻したのだと思います。

hiroshitgic at 11:13|この記事のURLComments(0)

2006年04月03日

プチ断食

 週末を利用して、2日間のプチ断食をしました。食事はとらず、専用のジュースと水分だけで過ごしました。専用のジュースには、7種類の果汁と各種ビタミン、ミネラル、食物繊維が入っており、断食とはいえ、身体に必要な栄養分を補給しながら身体を休ませます。
 食事をとると、必要な栄養素が身体に吸収され、いらないものが排出されます。この過程が「食べる=出る」であればバランスがいいのですが、飽食の現代人の身体は「食べる>出る」に傾いているらしいのです。そこで、2日間身体を休ませて「食べる<出る」の期間を設けましょう、というのです。
 初めは空腹感もあったのですが、ジュースや水分を取らなければいけないので、思ったほどつらくはありませんでした。終えてみると、全身のむくみが取れて、すっきりとしました。体内がリセットされた気がします。
 やはり現代人は食べ過ぎているのでしょうか。健康維持のために食事は大切ですが、取りすぎるのもまた問題です。私もインプラント治療を受けた方に「何でも噛めるようになりますが、食べ過ぎないように気をつけてくださいね」と伝えるようにしています。それまで歯がなかったり入れ歯が合わなかったりして、食事を楽しめなかった方たちですから、気持ちはわかるのですが、健康維持のためにも食欲という欲望に振り回されないことも大切ですね。

hiroshitgic at 11:56|この記事のURLComments(0)
Profile
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました