2006年02月

2006年02月24日

耐震強度偽装問題?

近頃は騒ぎが下火になった感のある耐震強度偽装問題。姉歯元建築士は鉄筋の本数を減らしてコストを下げるよう、設計図を改ざんしました。そのため強度不足の違法建築となり、人道的にも許されない結果となりました。
ところがインプラント治療においては、この「本数を減らす」という考え方が適切な場合もあるのです。
以前は、失った歯1本に対して、インプラントを1本、という考えで埋めていました。そうなると、総入れ歯の方は12〜14本ものインプラントを埋め込まなければいけない、ということになります。本数が増えればそれだけ大掛かりな手術になり、身体にかかる負担がとても大きくなります。個人差はありますが、手術後の腫れや痛みもかなりのものです。そして、金額も本数に応じて高くなります。また、あまりたくさんインプラント体が骨の中にあると、骨内の血流が悪くなり、骨自体の強度が落ちる場合もあります。さらに、たくさんの本数を埋めるためには、骨を作る手術を前もって行う必要があり、負担が大きくなるばかりではなく期間も長くなります。
しかし、今では総入れ歯の方でも4〜6本のインプラントをバランスよく埋入すれば、12本の歯を支えることができる、ということがわかっています。これは、リスボンのDr.マロが臨床を繰り返して、見つけた技法です。これなら身体にかかる負担も軽く、期間も短く、金額もそれだけ抑えることができるのです。
最適な本数のインプラントをバランスよく、これが今後のインプラント治療の主流となるでしょう。

hiroshitgic at 14:54|この記事のURLComments(0)

2006年02月10日

上下のイミディエート・ファンクション

今日は、東京銀座インプラントセンターにて、女性の上下のインプラント手術、イミディエートファンクション(即日に歯が入る治療)を行いました。
お若くて美人なのに、歯を失ってしまい、困っているところに他のドクターからの紹介で東京銀座インプラントセンターへいらっしゃいました。
1日で上下ともすぐにきれいな歯が入ることで、迷いもなく手術を決断されたようでした。
手術のあとは、少しお疲れになった様子で、個室のベッド付きの休憩室でぐっすりお休みになっていました。仮歯を技工士さんが調整している間に、個室でお好きなDVDでもご覧になって待ち時間をお過ごしいただけるように準備はしていたのですが、ぐっすりお休みだったのでその必要もなかったみたいです。
一日目は、上顎の歯を入れてお帰り頂き、翌日ご来院いただき下の歯を入れる予定です。もともと美人な方でしたので、さらに美人になり、笑顔がとっても素敵でした。
明日上下とも歯が入った状態が楽しみです。

hiroshitgic at 11:52|この記事のURLComments(0)

2006年02月09日

「ガムは噛めますか?」5

 入れ歯をご使用の方ならご存知のことと思いますが、入れ歯では硬いものや歯にくっつくものは食べることができません。若い頃には大好きだったものでも、入れ歯になるとバリバリ、ガシガシ、クチャクチャとは、噛めなくなります。
 数ヶ月前に、長年上下とも総入れ歯の生活をしていた方が、インプラント治療を受けてくださいました。上下とも手術をした直後に仮の歯を固定し、軽い食事から徐々に慣らしていって頂きました。今は最終的な歯が入っています。昨日、メンテナンスに来られてお話を伺うと、「先生、お陰さまで硬いものが食べられるようになりました。好きだったアワビを久しぶりにしっかり噛みましたよ」と喜んでくださいました。でも、何かひっかかるものがあるようです。
「先生、実はお聞きしたいんですけど、ガム、食べれますか?」
 この患者さんは、入れ歯のときにガムを噛んで、入れ歯にくっついて壊してしまい、大変苦労した経験があったそうです。せっかく入れたインプラントの歯をガムのせいでまただめにして、辛い思いをしたくない、そう思って我慢されていたのでしょう。
「じゃ、試してみましょうか。」
 早速、スタッフに走ってもらい、ガムを用意しました。福山雅治さんのコマーシャルでおなじみのガムです。患者さんは恐る恐る、という感じで口に運びましたが、一噛み、二噛み・・・。みるみる笑顔になります。「おいしい!」
 これまで友人・知人から、「ガム食べます?」と気軽に勧めていただく度に、心ならずもお断りし、悲しい思いをされていたとか。もっと早く私の目の前で試していただければよかったな、と思いました。
 インプラントの歯にすれば、ガム、食べることができます。
hiroshitgic at 12:32|この記事のURLComments(0)

2006年02月07日

ANA585便の機長に思う5

 私は飛行機が好きです。空から眺める景色はなんとも美しいものです。ですから飛行機に乗るときは、なるべく最前列の窓際を確保しています。実は今日も羽田から松山まで飛びました。雪雲にぽっかり空いた穴の中から頭を出したような富士山頂や、雲の粒が日の光を反射して、樹氷のようにキラキラときらめく風景を眼下に眺めながらの空の旅は、心なごませられるものでした。
 いよいよ松山空港に近づき、いつも通り安全に着陸するものと思っていたとき、思わぬサプライズが起きました。高度が下がるにつれ、地上の風が強いことは、海面に立った白波や煙突から水平に流れる煙で感じてはいたものの、ここまでとは思いませんでした。機内のスクリーンに映し出された滑走路は、機体とは大きくはずれたところにあるのです。このままでは滑走路に着陸することはできない、そう思ったとき、再びエンジン音がうなり、機体は上昇、雲の上で旋回して30〜40分後に改めて着陸態勢に入りました。今度も横風は強く、異様に静まり返った機内に添乗員の「ご安心ください」という声がむなしく響く中、私はヒヤヒヤドキドキしていましたが、機体は無事に着陸することができました。手に汗を握るとはよく言ったもので、私の手のひらは、冷たい汗をかいていました。無事に止まったときは、機長に拍手を送りたい気分でした。
 このようなことはままあることかもしれませんが、私は飛行機に乗る前にこのようなアクシデントを予想もしませんでしたし、いつも通り何事もなく松山空港に着くものと信じて疑いませんでした。つまり、私は無事に着くことが当たり前だと思っていたのです。私の乗る飛行機の機長をはじめ、パイロットがどのような方か知らなくても、無事に飛行機を操縦してくれる、という点で、絶対の信頼をしていたのです。
 このことは私の仕事にも通じるでしょう。治療に来てくださった患者さんは私を信頼して来てくださり、無事に治療が終わることを疑いもなく信じているのです。この信頼に応えるため、どんな症例においても完璧な処置ができるよう、あらゆる状況をシミュレーションしておかなければいけません。しかし自分の限界を超えるような無理をしないよう、その患者さんにとって最適な治療を心がけて、全力を尽くしていきたいと、改めて思いました。
 9日、私はまた大好きな飛行機に乗ります。ANAのクルーの皆さん、よろしくお願いします。
hiroshitgic at 16:50|この記事のURLComments(1)

2006年02月05日

移動の日々

今日は、松山から東京へ移動です。東京銀座歯科での仕事がまっています。日曜も土曜も関係なく飛び回っているので、大変だと周りの方からには心配してもらってるのですが、体調管理だけはなに人一倍気を使っています。大事な患者様のOPEにそなえ、私がダウンしてはどれだけの方にご迷惑がかかるかということを頭においていつも自己管理を厳しくしております。今また寒さが復活してきてますので皆様もお気をつけて・・・。
hiroshitgic at 15:51|この記事のURLComments(4)

2006年02月04日

ALL-ON-4 ワンデイインプラント

先月1月17日のブログにもかいてましたが、東京銀座インプラントセンターで手術した患者様のALL−ON-4の症例をお見せしたいと思います。
一日で両顎のインプラントを埋入して、(全部で8本です)翌日には固定式の仮歯がはいり、しんじられないくらい審美的にも機能的にも回復しているのがお分かりいただけると思います。入院は不要です。
今回は両顎でしたが、片顎の場合は朝来院していただいたら夕方には同じように仮歯がはいりお帰りいただけます。
こちらの症例の詳細は、東京銀座インプラントセンターのホームページでご覧いただけます。近日中にアップされる予定です。
BEFOREAFTER
hiroshitgic at 15:00|この記事のURLComments(1)
Profile
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました